くらし情報『Zeppで魅せたロックな「さくらしめじ」 「ライブを作っているのは僕らとファンの“心”と“気持ち”」』

2021年7月19日 20:30

Zeppで魅せたロックな「さくらしめじ」 「ライブを作っているのは僕らとファンの“心”と“気持ち”」

撮影/鈴木友莉

撮影/鈴木友莉



フォークデュオ「さくらしめじ」が7月18日(日)、『さくらしめじのゼップでロッ菌!2021 in Zepp DiverCity』を開催した。昼の部の『TRACK1』、夜の部の『TRACK2』として1日に2公演が行われた本公演の『TRACK1』をレポートする。
Zepp DiverCityのこの日の天気は快晴。真っ青な空が広がっていた。そんな青と同じように、爽やかなブルーの肩にタオルをかけたきのこりあん(さくらしめじファンの総称)が会場前のあちこちで記念撮影を行っていた。その光景は、どこかあのフェスのことを思い出させる。

そして会場内。用意された一階席はほぼ満員。ステージ上には『ROCKIN2021』の垂れ幕が。やはりいつものさくらしめじのライブとは違う……そんな雰囲気を感じさせる。開演時間を迎えると、灯りが消え、薄暗いステージ上にバンドメンバーが手拍子で煽りながら登場。観客も立ち上がり、その手拍子に合わせる。そして、さくらしめじのシルエットが――。こらえきれない歓声があちこちから漏れる。

響くギター音、ドラム音が空気を震わせる。エレキギターを持ったふたりの姿に、グッと客席の熱が上がるのが分かる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.