くらし情報『『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』花江夏樹・鬼頭明里インタビュー「話の展開がわかっていても感動する作品に」』

2020年10月16日 07:00

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』花江夏樹・鬼頭明里インタビュー「話の展開がわかっていても感動する作品に」

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』花江夏樹・鬼頭明里インタビュー 撮影:高橋那月

撮影:高橋那月



家族を鬼に殺され、鬼となってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、鬼を討伐するための組織“鬼殺隊”へ入隊し、戦いに身を投じていく竈門炭治郎の活躍を描いた『鬼滅の刃』。もはやそんな説明は不要なほど、子供から大人まで幅広い支持を集めている本作。

原作コミックの売上はシリーズ累計発行部数1億部を突破。19年に放送されたテレビアニメも、美麗な映像と人気声優の熱い演技が大きな注目を集めた。そんな注目作『鬼滅の刃』の新作は、初の劇場映画となる『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』だ。

テレビアニメシリーズの直接の続編にあたる本作は、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっている「無限列車」へ乗り込んだ炭治郎たちの前に、十二鬼月の“下弦の壱”である魘夢(えんむ)が立ちはだかるーー。

主人公・炭治郎を演じる花江夏樹、その妹・禰豆子を演じる鬼頭明里は、待望の劇場映画化についてこう語る。

「『鬼滅の刃』は、テレビシリーズの時点でも「劇場で観たい」と思うクオリティでしたし、無限列車編は特に劇場のスクリーンで観たいなと思っていたので、それが叶ったのは嬉しいです」(花江)

「私もまったく同じ気持ちです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.