くらし情報『『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』花江夏樹・鬼頭明里インタビュー「話の展開がわかっていても感動する作品に」』

2020年10月16日 07:00

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』花江夏樹・鬼頭明里インタビュー「話の展開がわかっていても感動する作品に」

『鬼滅の刃』はテレビの画面で観るのがもったいないくらい。しかも、原作でも人気の高い『無限列車編』を、1本の映画として劇場で観ることができるのは、いちファンとしても嬉しいです」(鬼頭)

「無限列車編」のストーリーの根幹は兄妹の絆、仲間との絆だ。日本中で愛されている兄妹を演じる2人に、炭治郎と禰豆子の関係性の魅力を聞いた。

「ふたりとも、長男と長女なんですよね。だから、ひとつの家族として生活するために、炭治郎は働いて、禰豆子は家の手伝いをして、ふたりとも弟や妹たちのお世話をして、自分のことを我慢してでも、家族を大切にしてきた、“竈門家”としての団結力があると思うんです」(花江)

「私は、兄弟姉妹って仲が悪いというか、ケンカしているイメージを持っていたんです(笑)。こんなに家族想いの兄妹って、美しいですよね。観ていて、自分自身も「誰かに優しくなろう」と思える存在です」(鬼頭)

最後に、この作品を楽しみにしている読者へ、いち「鬼滅」ファンとしてコメントしてくれた。「人が人を想う気持ちの強さ、諦めない気持ちの大切さを、この作品を通して感じることができるはず。皆さんの大切な人と一緒に、あるいは大切な人のことを想いながら観ていただきたいと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.