くらし情報『森山直太朗の主題歌が流れる『望み』予告映像公開 堤真一「家族の日常を優しく包んでくれる曲」』

2020年8月27日 05:00

森山直太朗の主題歌が流れる『望み』予告映像公開 堤真一「家族の日常を優しく包んでくれる曲」

『望み』本ビジュアル (c)2020「望み」製作委員会

(c)2020「望み」製作委員会



『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の雫井脩介が執筆時、最も悩み抜いたという、同名のベストセラー小説を実写映画化する『望み』が、10月9日(金)に公開される。この度、本作の予告映像と本ビジュアル、さらに場面写真が公開された。

監督を務めるのは、映画のみならずドラマ・音楽・演劇様々な分野で幅広いジャンルを手がける堤幸彦。主演を務めるのは、堤真一。家族のメンバーには、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶が集結。そして、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太が脇を固める。

さらに本作の主題歌『落日』を手掛けるのは、シンガーソングライター森山直太朗。堤は森山の主題歌について、「どんなことがあろうとも続いていく家族の日常を優しく包んでくれるこの楽曲が、映画にとっての救いになったことは間違いありません。この家族が最後に見つけた“望み”を、森山さんの歌声から感じとってもらえたらと思います」とコメントしている。

公開された本予告映像は、石川一登(堤)と高校生の息子・規士(岡田)の家庭での不穏なやり取りから始まる。幸せだった家族は、規士の失踪とその同級生の死をきっかけに生活が一変する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.