くらし情報『480本の応募作の中から選ばれた17作品 「第42回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門「PFFアワード2020」入選作品発表!』

2020年7月8日 12:28

480本の応募作の中から選ばれた17作品 「第42回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門「PFFアワード2020」入選作品発表!

「第42回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門「PFFアワード2020」入選作品


映画祭「第42回ぴあフィルムフェスティバル」のコンペティション部門「PFFアワード2020」の入選作品が発表された。

「PFFアワード」は1977年にスタートした世界最大の自主映画のコンペティションで、これまで黒沢清や諏訪敦彦、園子温など、140名を超えるプロの映画監督を送り出してきた。今年は480本の応募作の中から選ばれた17作品、18歳~42歳の監督が映画祭でグランプリを競う。

なお、昨年の「PFFアワード2019」の入選作品の中から、審査員満場一致でグランプリを獲得した『おばけ』(監督:中尾広道)は、今週末11日(土)からポレポレ東中野にて、また同入選作で、ひかりTV賞を受賞した『アボカドの固さ』(監督:城真也)は今夏ユーロスペースにて、劇場公開される。

■「PFFアワード2020」入選作品
480本の応募作品の中から、以下17作品が入選。本入選作品は、9月12日(土)から東京・国立映画アーカイブで開催する「第42回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月25日(金)に行われる表彰式にて、最終審査員らによりグランプリ各賞が発表される。

『アスタースクールデイズ』38分 監督:稲田百音(18歳/東京都出身/成蹊高等学校)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.