くらし情報『栗山民也演出×中山優馬主演による舞台『血の婚礼』上演決定』

栗山民也演出×中山優馬主演による舞台『血の婚礼』上演決定

舞台『血の婚礼』出演者(左上から)中山優馬、宮崎秋人、伊東蒼(左下から)岡本玲、谷田歩、秋山菜津子


舞台『血の婚礼』が、2024年12月に東京と兵庫で上演される。

本作は、スペインを代表する劇作家フェデリコ・ガルシーア・ロルカが実際の事件をもとに執筆し、ロルカの三大悲劇のひとつとして知られている戯曲。物語の舞台はスペインのアンダルシアで、お互いの家族の期待を背負いながら結婚式を迎えようとしている1組の男女のもとに花嫁の昔の恋人が現れ、すべてを変えてしまう。言葉では説明のつかない愛への衝動、伝統と因習に縛られた男たちの闘い、女たちの戦いが描かれる。

演出を務めるのは、『ロスメルスホルム』『オーランド』といった海外戯曲から、こまつ座『夢の泪』『母と暮せば』まで幅広く手がけ、2023年に旭日小綬章を受章した栗山民也。そして花嫁のかつての恋人・レオナルド役を、舞台『ゲルニカ』『星降る夜に出掛けよう』や、ドラマ、バラエティなどジャンルを超えて活躍する中山優馬が演じる。

共演には、結婚式を迎えようとしている花婿役で、舞台『デカローグ』『ビロクシー・ブルース』『ザ・ドクター』などに出演し、上演を控える『彼方からのうた』では主人公を演じる宮崎秋人、レオナルドと花婿の間で揺れる花嫁役で、映画『世界の終わりから』の主演を務めた伊東蒼、レオナルドの妻役で、舞台『デカローグ』や主演映画『茶飲友達』で高崎映画祭・最優秀主演俳優賞を受賞した岡本玲、花嫁の父役で、『フェードル』『ロスメルスホルム』『オーランド』など栗山演出作品には欠かせない谷田歩、花婿の母役で、『ふくすけ2024-歌舞伎町黙示録-』の上演を控える秋山菜津子が名を連ねた。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.