くらし情報『柴咲コウ、映画『クルエラ』日本語版エンドソングアーティストに ミュージックトレーラーにて楽曲一部解禁』

2021年5月21日 06:00

柴咲コウ、映画『クルエラ』日本語版エンドソングアーティストに ミュージックトレーラーにて楽曲一部解禁

『クルエラ』日本語版エンドソングアーティスト:柴咲コウ (C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



ディズニーの実写映画最新作『クルエラ』の日本語版エンドソングを主人公・クルエラの日本版声優も務める柴咲コウが歌うことが決定。合わせて、楽曲の一部を一足先に聴くことができるミュージックトレーラーが公開された。

本作は『美女と野獣』のディズニーが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞(R)を受賞したエマ・ストーンを主演に贈る実写映画。名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するディズニー史上最も悪名高きヴィラン=悪役であり、映画史上最もアイコニックな白黒ファッションでも有名なクルエラの誕生秘話がパンクロック・エンタテインメントとして過激かつスタイリッシュに明かされる。

舞台となるのは、パンクムーブメントが吹き荒れる70年代のロンドン。親を亡くした少女エステラは、反骨精神と独創的な才能を活かし、ファッション・デザイナーになることを決意。ロンドンで最も有名な百貨店リバティに潜り込む。そんなある日、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネス(エマ・トンプソン)との出会いによって、エステラはファッショナブルで破壊的かつ復讐心に満ちた“クルエラ”の姿へ染まっていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.