くらし情報『気鋭のヴァイオリニスト、松田理奈がヴァイオリン三大名曲を一挙演奏!』

2021年8月19日 15:00

気鋭のヴァイオリニスト、松田理奈がヴァイオリン三大名曲を一挙演奏!

松田理奈


ヴァイオリン奏者、松田理奈が三大ヴァイオリン協奏曲を1回の公演で演奏するコンサートを11月23日(火・祝)に東京・サントリーホールで開催する。

松田理奈はドイツ・ニュルンベルク音楽大学を首席卒業後、同大学院を首席修了。在籍中より国内外のオーケストラと共演。2006年にはデビュー・アルバムをリリースし現在までに5枚のアルバムを発表している華やかさと実力を兼ね備えた気鋭のヴァイオリン奏者。

今回、松田理奈が挑むのはヴィヴァルディ、メンデルスゾーン、チャイコフスキーによる3作品。ヴィヴァルディは「春・夏・秋・冬」の総称として知られる“ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』作品8より「四季」”、松田理奈自らの弾き振りで挑む。メンデルスゾーンは「メン・コン」の愛称で親しまれている“ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64”。チャイコフスキーは数あるヴァイオリン協奏曲の中でも最も多く演奏され、広く愛好されている“ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35”をセレクト。1回の公演でこの3作品を演奏するのは、これまでにほとんど前例がなく、前代未聞、エポックメーキングな試みとなる。

公演に際して、松田は、「完全なる“新しい挑戦”に呼んでいただいた事に深く感謝しております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.