くらし情報『アレクサンダー・カルダーと日本との結びつきにも注目 『カルダー:そよぐ、感じる、日本』麻布台ヒルズ ギャラリーで開幕 』

アレクサンダー・カルダーと日本との結びつきにも注目 『カルダー:そよぐ、感じる、日本』麻布台ヒルズ ギャラリーで開幕 

『カルダー:そよぐ、感じる、日本』会場風景


宙に吊られた、赤・青・黄色などの金属片が、わずかな空気の流れを受けてゆっくりと動いていく。今では誰もが知る「モビール」を発明したのは、20世紀美術を代表するアーティストのひとり、アレクサンダー・カルダーだ。日本での個展は35年ぶりとなる『カルダー:そよぐ、感じる、日本』が、9月6日(金)まで麻布台ヒルズ ギャラリーで開催されている。


アレクサンダー・カルダーと日本との結びつきにも注目 『カルダー:そよぐ、感じる、日本』麻布台ヒルズ ギャラリーで開幕 

《Haikaller》1957年
アレクサンダー・カルダーは、1898年、米国ペンシルベニア州ローントン生まれ。絵画を学んだ後パリに移住。1930年には画家ピエト・モンドリアンのアトリエを訪ねて刺激を受け、抽象的な芸術の方向性を見出す。翌年にはキネティックな(動く)抽象彫刻をつくり出し、近代彫刻の概念を一変させた。1950年代にはボルトで固定した鉄板を使った壮大なスケールの屋外彫刻を展開。モダンアートを牽引するひとりとして制作を続け、1976年にニューヨーク市で逝去した。

アレクサンダー・カルダーと日本との結びつきにも注目 『カルダー:そよぐ、感じる、日本』麻布台ヒルズ ギャラリーで開幕 

Calder with Red Disc and Gong (1940) and Untitled (c. 1940) in his Roxbury studio, 1944.
Photograph by Eric Schaal © Life Magazine
同展は、カルダーの孫であり、ニューヨークのカルダー財団理事長を務めるアレクサンダー・S.C.ロウワーのキュレーションと、カルダー財団と40年にわたる強い関係を築いてきたニューヨークのペースギャラリー(7月には、日本初出店として麻布台ヒルズ内にギャラリーをオープン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.