くらし情報『女子高生が殺人鬼と最悪の入れ替わり クリストファー・ランドン監督作『ザ・スイッチ』予告編公開』

2020年12月11日 15:20

女子高生が殺人鬼と最悪の入れ替わり クリストファー・ランドン監督作『ザ・スイッチ』予告編公開

『ザ・スイッチ』 (c)2020 UNIVERSAL STUDIOS

(c)2020 UNIVERSAL STUDIOS



映画『ザ・スイッチ』が、2021年1月15日(金)より公開される。この度、本予告映像が公開された。

本作は、『透明人間』『アス』『ゲット・アウト』など低予算ながら全米No.1 ヒット作品や高品質で新感覚の作品を次々生み出し、ハリウッドを席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションを牽引するジェイソン・ブラムと、『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督のタッグによる最新作。“入れ替わり”を題材にした誰もが未体験のボディスイッチホラーは、北米で、ホラー界では最も意味のある日付、11月13日(金)に公開されると128万ドルを稼ぎ、累計はインターナショナルふくめて930万ドルに到達。コロナ禍にも関わらず二週連続の全米初登場NO.1を樹立するなど大ヒットを記録している。

出演は気弱で冴えない女子高生ミリーに『名探偵ピカチュウ』『スリー・ビルボード』のキャスリン・ニュートン。手当たり次第に殺戮を企てる連続殺人鬼をパワフル、かつ、妖艶に演じる。一方、指名手配されている連続殺人犯ブッチャーには『ドッジボール』『サイコ』で知られる演技派俳優のヴィンス・ヴォーン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.