くらし情報『スキマスイッチ、1年越しの"忘れ物"を取りに熊本へ 感無量のツアーファイナルレポート』

2021年2月22日 17:00

スキマスイッチ、1年越しの"忘れ物"を取りに熊本へ 感無量のツアーファイナルレポート

撮影:岩佐篤樹


2月21日、「スキマスイッチTOUR 2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL vol.2 FINAL in KUMAMOTO supported by uP!!!」千秋楽公演が熊本城ホールで行われた。これは本来は前年2月28日に予定されていたもので、新型コロナウイルスの影響によりずっと延期になっていたが、約1年の歳月を経て開催されることになった。今回は配信も同時に行われ、ファイナルの模様は全国のファンと共有された。

開演時刻の19時、大橋卓弥と常田真太郎を含む9人が舞台に現れた。1年前と同じメンバーが、当時と同じ赤の衣装で定位置に着く。「ファイナルです。やっとファイナルです!」(大橋)、「忘れ物を取りに熊本へ」(常田)と語るように、冒頭から感無量の空気に包まれる。

スキマスイッチ、1年越しの"忘れ物"を取りに熊本へ 感無量のツアーファイナルレポート

大橋卓弥
スキマスイッチ、1年越しの"忘れ物"を取りに熊本へ 感無量のツアーファイナルレポート

常田真太郎
今回の公演は通常と少し変わった部分があった。それはこのツアーが1年以上前に行われたもので、すでに映像作品としてリリース済という点である。つまりセットや曲順などはほぼネタバレした状態なのだが、それでも観客を引き込んでいくのがスキマスイッチである。いま歌いたい曲を新たなアレンジで披露する「POPMAN’S CARNIVAL」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.