くらし情報『印象派の作品世界に“没入”する、“鑑賞”を越えたアート体験プログラム「Immersive Museum」7月8日より開催』

2022年6月22日 18:00

印象派の作品世界に“没入”する、“鑑賞”を越えたアート体験プログラム「Immersive Museum」7月8日より開催

(c)Bridgeman Images amanaimages


最新のテクノロジーでモネやルノワールなど「印象派」の芸術作品の世界を蘇らせる日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive Museum(イマーシブミュージアム) 」が、7月8日(土)より東京・日本橋の日本橋三井ホールにて開催される。

「Immersive Museum」は、近年演劇やアートをはじめとする、エンターテインメントのジャンルで世界的なトレンドとなっている“Immersive=没入感”をキーワードとする、新たなアート体験プログラム。

高さ6m、約700 ㎡という巨大空間に、特別な音響効果と壁面・床面全てに投影される没入映像を組み合わせ、名画の世界を再現。参加者はその空間内を自由に歩き回り、「見る」「鑑賞する」といった行為を超えた、まるで名画の世界に入り込んだようなアート体験が可能となる。

日本開催第一弾となる今回のテーマは“印象派”。モネの《睡蓮》やドガの《踊り子》、ルノワールの《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》といった印象派を代表する8名の画家による70作品あまりを、8つのシーンにわけて映像化。

19世紀当時にモネが見たであろうフランスのル・アーヴル港を、実際の絵画作品と融合させる「印象、 日の出」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.