くらし情報『『となりのトトロ』オリジナル版に近づけ再上映 「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」で9日間』

2020年12月1日 12:00

『となりのトトロ』オリジナル版に近づけ再上映 「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」で9日間

『となりのトトロ』 (c)1988 Studio Ghibli

(c)1988 Studio Ghibli



東京都調布市で、2021年2月5日(金)~28日(日)に、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」が開催される。この度、映画祭の企画として1988年公開のスタジオジブリ劇場版長編アニメーション『となりのトトロ』(宮崎駿監督)が、イオンシネマ シアタス調布で上映されることが分かった。

本作品はスタジオジブリが、制作当時の35ミリフィルム初号試写に限りなく近づけて作成したDCPでの上映となっているほか、シアタス調布最大スクリーン、シアター10(526席)の幅約20メートル大型スクリーンでの上映となる。

『となりのトトロ』
2021年2月20日(土)~2月28日(日)
※上映時間はWEBサイト参照
【会場】イオンシネマ シアタス調布スクリーン10ほか(全席指定)
【料金】大人1,100円 / 小学生~高校生1,000円 / 幼児900円
【チケット販売日時】2021年1月16日(土)e席リザーブ0:00~劇場窓口8:00~
【チケット購入方法】WEBサイト参照
https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/
本フェスティバルでは、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』に続くスタジオジブリ作品上映。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.