くらし情報『小林直己は現場で灰を食べた? 『その瞬間、僕は泣きたくなった』完成披露舞台挨拶』

2019年10月15日 19:36

小林直己は現場で灰を食べた? 『その瞬間、僕は泣きたくなった』完成披露舞台挨拶

『その瞬間、僕は泣きたくなった -CINEMA FIGHTERS project-』舞台挨拶の様子 (c)2019 CINEMA FIGHTERS project

(c)2019 CINEMA FIGHTERS project



EXILE HIRO、SSFF & ASIA 代表の別所哲也、作詞家小竹正人の3人によって打ち出された『CINEMA FIGHTERS project』第3弾となる、『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』は、5人の監督たちによって紡がれる、詩と音楽、映像をひとつに融合したプロジェクト。この度、完成披露上映会舞台挨拶が行われ、それぞれの作品に出演する小林直己今市隆二佐野玲於佐藤大樹、そして行定勲監督、洞内広樹監督、井上博貴監督らが登壇、司会者からの様々な質問に答えた。

役柄へのアプローチについて聞かれた小林は、主演した『海風』について、「脚本の段階で、蓮というキャラクターに共感する部分がたくさんありました。撮影前に、監督と食事をする機会があり、そこで蓮のバックボーンについてたくさんお話しすることができました。短い撮影でしたが撮影現場はセッションしているような感覚でした。行定組の船の上で暴れさせてもらった感じがしております」と答えた。

『海風』の行定監督は、劇中で灰を食べるシーンは小林のアイデアだったことに触れた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.