くらし情報『菅田将暉、桜井和寿、久石譲ら「日比谷音楽祭2020」第2弾出演者決定! クラウドファンディングで生配信にも挑戦』

2020年3月27日 16:26

菅田将暉、桜井和寿、久石譲ら「日比谷音楽祭2020」第2弾出演者決定! クラウドファンディングで生配信にも挑戦

菅田将暉、桜井和寿、久石譲ら「日比谷音楽祭2020」第2弾出演者決定! クラウドファンディングで生配信にも挑戦


5月30日(土)、31日(日)に東京・日比谷公園で開催される「日比谷音楽祭 2020」 の第2弾出演者が決定した。

今回新たに発表されたのは、井上涼、GAKU-MC、桜井和寿(Mr.Children)、菅田将暉、ストレイテナー、谷村新司、チャラン・ポ・ランタン、Do As Infinity、東京消防庁音楽隊、 DracoVirgo、久石譲、南こうせつ、梁邦彦、wacciの 14 組。すでに発表されている DREAMS COME TRUE らと合わせ、合計 33 組のアーティスト、プロデューサーが出揃った。

日比谷音楽祭とは、音楽プロデューサー・亀田誠治の「日比谷公園を日本の新たな音楽文化発信の拠点とし、素晴らしい音楽を生の演奏で聴く機会を提供したい」という起案に基づき、世代・国籍・障がい・経済格差を超え、“フリーで誰もが参加できる、ボーダーレスな音楽祭”として2019年からスタートしたもの。昨年度は、多様なジャンルのコンサートやトークイベント、フリーマーケットなどが行われ、2日間でのべ10万人が来場した。

今年は、CAMPFIREやREADYFORとのプロジェクトを始動。その第1弾となるCAMPFIREとのプロジェクトでは、一部ステージの配信を目標としたクラウドファンディング【応援団 1000 人と一緒に「日比谷音楽祭」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.