くらし情報『『蜜蜂と遠雷』ブルゾンちえみ「私は私でいようという気持ちが強いんです」』

2019年10月10日 18:00

『蜜蜂と遠雷』ブルゾンちえみ「私は私でいようという気持ちが強いんです」

ブルゾンちえみ


10月4日より全国公開中の『蜜蜂と遠雷』は、まったく異なる境遇にある4人の天才ピアニストたちが、国際ピアノコンクールでの熾烈な戦いを通して、お互いに刺激し合い葛藤し、そして成長を遂げ“覚醒”する物語だ。ブルゾンちえみ演じる仁科雅美は、4人の天才ピアニストのひとり、高島明石松坂桃李)の元同級生で、ドキュメンタリー番組の撮影のため、コンクールに密着するジャーナリスト役だ。

「原作も読んでいたので、この役をいただけてやっぱり嬉しいという気持ちがまずありました。石川監督から『音楽の事には詳しくないという目線から、4人の天才ピアニストを取材することで、観客が雅美を通してストーリーに入っていったり、ピアニストの心の内を知るきっかけになる役ですよ」と言われて、そんな重要な役を演じられるなんてと思いました」

雅美は、明石の元同級生という立場から、明石を励まし応援するが、それが微妙な距離感で、「雅美は明石のことを好きなのでは?」と思う程、切ない演技が絶妙である。ブルゾンはどんな気持ちで演じたのだろうか?

「幼馴染役なので、自分が今でも久しぶりに同級生の男子に会う感覚を思い出したりしていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.