くらし情報『【第44回日本アカデミー賞】『ミッドナイトスワン』が最優秀作品賞に輝く!『鬼滅の刃』は3冠』

2021年3月19日 23:23

【第44回日本アカデミー賞】『ミッドナイトスワン』が最優秀作品賞に輝く!『鬼滅の刃』は3冠

【第44回日本アカデミー賞】『ミッドナイトスワン』が最優秀作品賞に輝く!『鬼滅の刃』は3冠


第44回日本アカデミー賞の授賞式が3月19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、内田英治監督の『ミッドナイトスワン』が最優秀作品賞を受賞した。最多部門を獲得したのは、『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』で最優秀監督賞(若松節朗)をはじめ6冠。また、歴代興収記録を更新中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が最優秀アニメーション作品賞、最優秀音楽賞、話題賞(作品部門)の3冠に輝いた。

『ミッドナイトスワン』を代表し、挨拶に立った主演の草なぎ剛は「奇跡は起きるんだなと…」と感無量の面持ち。「諦めたりせず、一歩ずつ前に進むといいことがあるんだなと。この映画を愛していただき、ありがとうございました」と誇らしい表情を浮かべた。

その草なぎは同作でトランスジェンダーの主人公を演じ切り、見事に最優秀主演男優賞を受賞。初めての栄冠に開口一番「マジっすか!ごめんなさい、頭が真っ白になってしまって」と驚きの表情。「今まで、皆さんと仕事させていただいたこと、仲間の皆さんに応援していただいたこと、慎吾ちゃん(香取慎吾)、吾郎ちゃん(稲垣吾郎)とか、近い人たちが支えてくれて、今日ここに立てたんだなと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.