くらし情報『加藤和樹が歌い、踊り、コミカルに奮闘! イマジネーション豊かな荻田浩一演出光るミュージカル『バーナム』が上演中』

2021年3月9日 17:00

加藤和樹が歌い、踊り、コミカルに奮闘! イマジネーション豊かな荻田浩一演出光るミュージカル『バーナム』が上演中

ミュージカル『BARNUM』より (c)ミュージカル「BARNUM」製作委員会/岡 千里

(c)ミュージカル「BARNUM」製作委員会/岡 千里



映画『グレイテスト・ショーマン』の主人公のモデルとしても知られるアメリカの伝説的興行師、フィニアス・テイラー・バーナムの半生を虚実ないまぜにして描き、1980年のブロードウェイで初演されたミュージカル『バーナム』。その初となる日本版が、3月6日より東京芸術劇場プレイハウスで上演されている。演出は荻田浩一、出演は加藤和樹、朝夏まなと、矢田悠祐、フランク莉奈・綿引さやか(Wキャスト)、原嘉孝・内海啓貴(Wキャスト)、中尾ミエほか。フランクと原が登板した、2日目のゲネプロを取材した。

荻田演出の舞台では、しばしば現実と虚構がシームレスに共存する。“イカサマ”で人々に夢を与えようとするP.T.バーナムの物語に、そんな荻田のイマジネーション豊かな演出はまさにぴったり。空中ブランコや象を実際に登場させることはなく、もちろんスクリーンにただ実物を映し出すような安易で無粋なこともせず。スクリーンの中では、クラウンのフィリップ・エマールが動き回っていたり、シーンにまつわるイメージ画像がアニメーション化されていたり、スクリーン自体の配置も自在に変わったり……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.