くらし情報『Netflix映画『よめぼく』キンプリ永瀬廉、出口夏希が“推しのシーン”を語る』

Netflix映画『よめぼく』キンプリ永瀬廉、出口夏希が“推しのシーン”を語る

Netflix映画『余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。』配信記念イベント


6月27日(木) よりNetflixで独占配信される『余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。』の配信記念イベントが6月18日に開催。主演の永瀬廉、ヒロインを務めた出口夏希、そして三木孝浩監督が登壇した。

原作は、SNSを中心に話題を呼んだ森田碧の同名小説。今を大切に生きようとする男女が織りなす期限付きの恋を描いた、切なく、そして爽やかなラブストーリーだ。

イベント冒頭で永瀬は「ついに配信の日が近づいてきて、実感はまだ沸かないんですが、本作を見て皆様の反応を聞くのがとても楽しみです!」と期待に胸を膨らませ、出口も「やっと皆様にお披露目できる日を迎え、本当に嬉しいです」とコメント。三木監督は「普段は配信や公開が近づくと不安になってしまう方なんですが、今回は永瀬さんと出口さんのふたりの雰囲気がとても素敵で、撮っている時もふたりの空気感に影響を受けて素敵な作品を撮れたと思います。
早く皆様に見てほしい気持ちでいっぱいです」とそれぞれが配信へ向けた意気込みを語った。

初の王道ラブストーリー映画で主演を果たし、完成した本編を見てラストは思わず「泣いた」と語った永瀬。「ここまでがっつり恋愛に焦点を当てた作品は初めてやりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.