くらし情報『【立川志らくインタビュー 後編】10回目となった語り納めの独演会で「芝浜」を』

2020年12月4日 07:00

【立川志らくインタビュー 後編】10回目となった語り納めの独演会で「芝浜」を

立川志らく/写真:産経新聞社提供


今やすっかり全国区の顔になった落語家・立川志らく。月曜日から金曜日まで全国放送されている朝の情報番組のメインMC、そして続く番組のコメンテーターとして、落語界を見渡しても、これだけの露出がある演者は、まず見当たらない。1年数ヵ月は、激忙にして激動の月日だっただろう。

この落語家が、これまで10年間にわたって、「その年の自分の落語の語り納めの場」と決めてきた特別な会が、12月のよみうりホール公演である。

落語家と落語ファンにとって、12月は「芝浜」の月とも言えるが、意外なことに、立川志らくにとって、長い間、「芝浜」は、愛着のある噺ではなかったと話す。

「もともとはあまり好きな噺ではなかったです。うちの師匠、立川談志が演じているのを聴いていても、他に、もっと面白い噺があるのにな、って思っていた。「芝浜」は、自分の中では、最近やっと好きになってきた噺なんです」

それはまたなぜですか、と、誰でも当然問いたくなる。

「あまりにも美談だから。美談は恥ずかしいもんだ、落語で美談をやるべきではない、っていう洗脳教育を談志から受けてきたから。ところが、談志はそれを高座でやっていた。その矛盾が自分の中ではわからなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.