くらし情報『瀬戸山美咲 × 長田育恵、注目の劇作家ふたりによる「幸福論」ー 現代能楽集シリーズ第10弾が開幕』

2020年11月29日 13:00

瀬戸山美咲 × 長田育恵、注目の劇作家ふたりによる「幸福論」ー 現代能楽集シリーズ第10弾が開幕

現代能楽集X『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より 撮影:ヤン・ブース

撮影:ヤン・ブース



東京・世田谷パブリックシアター芸術監督の野村萬斎による企画・監修で、能・狂言を土台に現代演劇を創作する「現代能楽集」シリーズ。これまで宮沢章夫や野田秀樹、倉持裕、前川知大ら日本の演劇界を代表する顔ぶれが、能の物語に着想を得て新作を書き下ろし、時には能の演出手法に触発されながら新たな“現代能楽集”を生みだしてきた企画だ。その第10弾となる『現代能楽集X『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より』が11月29日(日)から同劇場シアタートラムにて開幕。今回は、近年、演劇賞を立て続けに受賞している劇作家・演出家の瀬戸山美咲と、スケールの大きな物語を描きだす筆力が注目される劇作家・長田育恵により、“幸福論”を立ち上げる2作を上演する。

まず、瀬戸山が作・演出を手掛けるのは、山伏への恋慕のあまり大蛇の姿となった娘を描く『道成寺』に着想を得た、順風満帆な人生を送る家族の物語。広告代理店を辞め独立したばかりの橘清、その妻・真姫は高級コンサルティングサロンを経営し、息子・清史郎は医学部の4年生だ。3人は順風満帆に見えるが、まだまだ満ち足りず、清は作家・安藤千佳の小説教室に通い始め、真姫は新たな顧客・白河安子を迎える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.