くらし情報『寺田倉庫、天王洲に芸術文化発信施設「WHAT」オープン 最初の展覧会は奈良美智、会田誠らによる作品約70点を公開』

2020年11月10日 16:05

寺田倉庫、天王洲に芸術文化発信施設「WHAT」オープン 最初の展覧会は奈良美智、会田誠らによる作品約70点を公開

“Slash with a Knife”, 1998 (C)Yoshitomo Nara Photo by Keizo KIOKU

(C)Yoshitomo Nara Photo by Keizo KIOKU



寺田倉庫株式会社が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT」にて、 2020年12月12日(土)から2021年5月30日(日)まで「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」展が開催される。

「WHAT」とは、12月12日(土)に天王洲にて新たにオープンする芸術文化発信施設。寺田倉庫がコレクターから預かり、保管している貴重なアート資産を公開することにより、その価値と魅力を広く開花させることを目的としている。

オープニング展覧会「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」展では、精神科医で現代アートコレクターの高橋龍太郎と、実業家で投資家のA氏によるコレクションを公開。高橋のコレクションでは"描き初め”をテーマに、会田誠、川内理香子、大山エンリコイサムら18名の作家による作品を紹介する。A氏のコレクションでは、2000年前後の奈良美智作品を中心に公開。全19名の作家による新作、未公開作品を含む約70点のコレクションに焦点を当て、 現代アートの魅力に迫る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.