くらし情報『佐藤B作×金子大地インタビュー『ザ・空気』シリーズ完結篇にむけて』

2020年12月11日 18:00

佐藤B作×金子大地インタビュー『ザ・空気』シリーズ完結篇にむけて

金子大地(左)佐藤B作(右)


永井愛主宰の二兎社が、2017年の『ザ・空気』、18年の『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』に続いて、2021年1月、『ザ・空気 ver.3 そして彼は去った…』を上演する。『ザ・空気』ではテレビ局を舞台にニュース番組の内容が政治的圧力で改変させられるさまを描き、『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』では国会記者会館の屋上を舞台にメディアと政権の癒着に焦点を当てた永井だが、今作では再びテレビ局を舞台に、報道の自主規制を扱うという。出演の佐藤B作、金子大地に意気込みを語ってもらった。

演劇としてのレベルが高い永井作品

── 前2作はご覧になりましたか?

金子大地(以下、金子)はい。独特な空気に笑いが入っていたり、今の社会とリンクするところがあったりするのが面白くて。このような舞台に出演してみたかったので、今回とても嬉しいです。

佐藤B作(以下、佐藤)今の社会に対して物申す芝居でありながら、ただ拳を挙げて反対を叫んだりシュプレヒコールをしたりしているのではなく、喜劇的な要素も入っていて演劇としてレベルが高い。最高ですよね。以前、自分の劇団(東京ヴォードヴィルショー)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.