くらし情報『【意外と知らない道交法】高速道路で渋滞の最後尾が「ハザードランプ点灯」は義務?』

2016年12月24日 23:50

【意外と知らない道交法】高速道路で渋滞の最後尾が「ハザードランプ点灯」は義務?

年末年始は、とにかく高速道路が渋滞します。渋滞の距離が30キロは序の口、ひどい場合になると70キロになることも少なくありません。今年のクリスマスは12月23日から3連休ですので車で出かける人も多くなるでしょうし、年始は1月4日が平日で仕事始めのケースが多いため1月3日にUターンが集中し、かなりの混雑が予想されています。

高速道路はその名の通りかなり速いスピードで走る道路ですから、停滞する渋滞の入り口はかなり危険なもの。一般的にそのようなとき最後尾の車はハザードランプをつけて後ろの車に危険を促すのがマナーとされています。

しかし、なかにはハザードランプを出さない人もいます。これは道路交通法違反に問われないのでしょうか?

Q.「渋滞の最後尾の車がハザードランプを出さない」という行為は違反に問われないの?

目次

・Q.「渋滞の最後尾の車がハザードランプを出さない」という行為は違反に問われないの?
・A.違反ではありません。あくまでも注意を促す自主的な行動です
【意外と知らない道交法】高速道路で渋滞の最後尾が「ハザードランプ点灯」は義務?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

A.違反ではありません。あくまでも注意を促す自主的な行動です

「渋滞の入り口でハザードランプを出さなければならない」という規定はありません。したがって仮に出さなかったとしても道路交通法に抵触せず、違反にはなりません。

ハザードランプについては、出していても事故になることがあり、その効果については意見が別れるところ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.