くらし情報『高齢者だからって説明もなしに高価なガス給湯器を販売…法的な問題は?』

2017年4月13日 17:55

高齢者だからって説明もなしに高価なガス給湯器を販売…法的な問題は?

目次

・息子が激怒した「悪徳なやり口」
・情報格差の罠を考慮した法律がある!
・業者に落ち度があるならば代金変換も
・実際に裁判になるケースはある?
高齢者だからって説明もなしに高価なガス給湯器を販売…法的な問題は?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

離れて暮らす実家の両親、なかには、もう父母のどちらかが亡くなって気丈に一人暮らしをされているケースも少なくないでしょう。祖父や祖母が健在の場合も、後期高齢者のみの暮らしで、心配事は尽きません。

高齢者であることを利用して金を余分に巻き上げようとする業者も少なくないからです。

たとえば、こんなケース。子どもが働きはじめて家を出て、退職金で終の棲家を郊外に購入したUさん夫婦。田舎に移り住んで、もう間もなく25年になろうとします。

となると、家の壁など、さまざまなものが壊れ始めます。購入時からセットされていたガス給湯器が壊れ、追い焚きができなくなってしまいました。

地元のガス会社に修理してもらおうと問い合わせると、若い社員がやってきて、25年前の機種で部品がなく修理できず、全交換になるとか。彼が出した見積もりは本体のみで40万円超え!クレジットカードは使えないそうです。

このことを、息子さんが実家に電話した時、はじめて聞かされたそうです。

「その人も若いのに難しいことをよく覚えていてね、一生懸命話してたわ」

と褒めるお母さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.