くらし情報『無資格で40年間弁護士活動をした男が逮捕…なぜバレなかった?』

2017年7月5日 23:10

無資格で40年間弁護士活動をした男が逮捕…なぜバレなかった?

目次

・弁護士でない者は報酬獲得目的で法律事務をしてはならない
・40年間もばれなかった理由とは
・弁護士資格の有無を確かめる方法は?
無資格で40年間弁護士活動をした男が逮捕…なぜバレなかった?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

6月14日、無資格であるにもかかわらず40年間にわたり司法書士や弁護士活動を行っていたとして、81歳の男が逮捕されました。

何よりも驚きなのは、資格がないにもかかわらず依頼者の目を誤魔化し続けていたことと、誰も気が付かなったということ。

今回は相続についての提案が間違っていたことに気がついた親族が警察に相談したことから発覚しましたが、知識がない人が「弁護士だ」と紹介されると、その発言に疑問を持たない人が多いようです。

日々真面目に業務をこなしている弁護士としては、憤りを隠せない事件ではないでしょうか。星野法律事務所の木川雅博弁護士に、今回の件についてお聞きしました。

■弁護士でない者は報酬獲得目的で法律事務をしてはならない

「弁護士資格がないにも関わらず40年にもわたり弁護士活動をしていた男が、弁護士法違反や司法書士法違反で逮捕されたことを知りました。40年間も無資格で活動していたことがわからなかったのはなぜかについて解説します。

弁護士の資格なしに、報酬を得る目的で反復継続して法律事務を行うことは、弁護士法違反(いわゆる「非弁行為」)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.