くらし情報『マンション購入時に知らなかった近隣の工事…騒音被害で損害賠償できる?』

2017年7月29日 22:40

マンション購入時に知らなかった近隣の工事…騒音被害で損害賠償できる?

目次

・騒音と損害賠償請求
・マンションの売主に対する損害賠償請求の可否
・瑕疵担保責任の追及
・何が賠償の対象となるか
・夜勤の人が昼間に眠れない損害は?
・最後に
マンション購入時に知らなかった近隣の工事…騒音被害で損害賠償できる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

マンションを購入する際、できればトラブルなく生活を迎えたいものですが、購入時に知らなかったことが原因で、楽しく迎えるはずの新居での生活が一変してしまうこともあります。

そこで、今回は、マンションの購入時には知らなかった近隣工事による騒音の問題に絞って、損害賠償請求の可否を検討してみます。

■騒音と損害賠償請求

損害賠償請求の相手として、まずは騒音を出している当事者、つまり、工事施工業者(あるいは依頼した施主)が考えられます。

この場面においては、工事による騒音が、一般人を基準として受任の限度を超えるか否かで判断します。

そして、受忍限度については、侵害行為の態様、侵害の程度、騒音との位置関係、防音措置が取られているか、あるいは、関係法令に違反しているかなどの事情を総合考慮して判断することになります。

例えば、建設工事に関しては、騒音規正法という法律が存在していて、騒音を伴う一定の『特定建設作業』(例えば、くい打ち作業など)についての騒音規制をしています。

騒音規制の内容は、「特定建設作業の場所の敷地の境界線において、85デジベルを超える大きさのものではないこと」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.