くらし情報『「深夜の迷惑な騒音」…大家が住人を追い出すことはできる?』

2017年8月12日 22:40

「深夜の迷惑な騒音」…大家が住人を追い出すことはできる?

目次

・そもそも迷惑行為をしている賃借人を追い出せるの?
・騒音、ゴミ屋敷、ペット飼育といったケースでは?
・喫煙行為による損害賠償請求が認められたケースも
「深夜の迷惑な騒音」…大家が住人を追い出すことはできる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

「隣の住民が深夜に音楽を鳴らしていてうるさい!」

住民のかたから、大家さんや賃貸物件管理会社のもとへはこんな苦情が届きます。こんなとき、あなたが大家さんだったら、どのように対処しますか?

多くの場合は、苦情元となっている住民からヒアリングを行い、必要に応じて注意喚起をすることになるでしょう。

でも、注意しても一向に改善されない、むしろ、対抗するかのようにひどくなっていくような場合には、法的な手段を考えていく必要があります。

そこで、迷惑行為に対抗する一手段としての賃貸借契約の解除(追い出し)が可能かについて考察してみます。

■そもそも迷惑行為をしている賃借人を追い出せるの?

部屋を借りている人は、契約又は目的物の性質によって定まった用法に従い、その部屋の使用をしなければならないという用法遵守義務を負っています(民法616条で準用される民法594条第1項)。

例えば、賃貸借契約の中で、ピアノなどの楽器の使用を禁止するという用法が定められていれば、賃借人は部屋で楽器を使用してはいけません。

また、このような特約による用法が定められていなくても、深夜にピアノを大音量で弾くようなことがあれば、あまりにも常識はずれな行動として、用法遵守義務違反となる可能性が高いといえます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.