くらし情報『死刑執行はなぜ時間がかかる?その理由を弁護士に聞いてみると…』

2017年7月27日 21:40

死刑執行はなぜ時間がかかる?その理由を弁護士に聞いてみると…

目次

・なぜ死刑執行に時間がかかる?
・再審請求中の死刑執行に問題は?
死刑執行はなぜ時間がかかる?その理由を弁護士に聞いてみると…

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/

先日、平成3年から4年かけてスナック店主を4人殺害した男ら2人の死刑囚に対し、刑が執行されたことが発表されました。

スナック店主を殺害した死刑囚については、再審請求も出ていただけに、一部には批判もあったようです。一方で、死刑が確定している場合は速やかに執行するべきだと言う声もあります。

現状、死刑執行までかなりの時間を要していますが、一体なぜなのでしょうか?6ヶ月以内に執行しなければならないという法律もあったような気がしますが……。

真相を確かめるため、星野法律事務所の星野宏明弁護士に見解をお伺いしました。

■なぜ死刑執行に時間がかかる?

「刑事訴訟法475条は、

1.死刑の執行は、法務大臣の命令による。

2.前項の命令は、判決確定の日から六箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。

と規定しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.