くらし情報『ネットを騒がせたデマ新聞記事問題…どのような罪になる?』

2017年8月19日 11:50

ネットを騒がせたデマ新聞記事問題…どのような罪になる?

7月31日、Twitterに「安倍総理逮捕」と書かれたデマ新聞記事画像が『産経新聞社』の「PDF号外」を装いアップロードされる事案が発生。産経新聞社は「極めて悪質」と遺憾の意を表明しており、法的措置も検討しているようです。

事案は今のところ進展を見せていませんが、今後、投稿主はどのような罪に問われることが予想されるのでしょうか?

目次

・Q.安倍総理の「ニセ新聞記事」事件、投稿主はどのような罪に問われる?
・A.名誉毀損罪、威力業務妨害罪が成立する可能性があります。


法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士にご意見を伺いました。

Q.安倍総理の「ニセ新聞記事」事件、投稿主はどのような罪に問われる?

ネットを騒がせたデマ新聞記事問題…どのような罪になる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

A.名誉毀損罪、威力業務妨害罪が成立する可能性があります。

「記事の内容が“安倍総理逮捕”といったものであるため、単純に考えると安倍首相が刑法に抵触する違法行為をした疑いがあるということで逮捕されたと認識されることになるため、安倍首相との関係でその社会的評価を低下させることになります。

そのため、安倍首相に対する名誉毀損罪となる可能性があります。ただし、名誉毀損罪は親告罪であるため、安倍首相が告訴しなければ、実際上は捜査もされないと思われます。

偽の号外を出された産経新聞としては、それが偽なのかどうかは一見して明らかとまではいえないと思われることから、デマを報じていると認識されることになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.