くらし情報『「車上荒らし70件」犯罪件数は罪の重さに直結するの?』

2017年8月27日 21:40

「車上荒らし70件」犯罪件数は罪の重さに直結するの?

目次

・同じ犯罪でも回数を重ねることで罪が重くなる?
・「70件」は珍しくない
・多少重くなる程度
「車上荒らし70件」犯罪件数は罪の重さに直結するの?

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/

8月14日、東京都大田区や神奈川県川崎市で車上荒らしを行っていたとして、無職の男(52)が逮捕されました。男は防犯装着がついていない自動車を狙い、バールなどで窓ガラスを割るなどして犯行に及んでいたそうです。

取り調べで余罪を追及された男は、容疑を認めた上で、「70件くらいやった」と供述。そして、動機については「生活が苦しかったから」などと述べている模様です。

このように、同じ犯罪を同じ手口で何度も行う犯罪者は少なくないのが現状。当然、罪は重くなるものと思われるのですが、実際のところどうなのでしょうか。

星野・長塚・木川法律事務所の星野宏明弁護士に真相をお伺いしました。

■同じ犯罪でも回数を重ねることで罪が重くなる?

「同種犯罪、異種犯罪にかかわらず、確定判決を経ていない犯罪は基本的にまとめて併合罪(刑法45条)となります。

併合罪では、原則として最も重い罪の刑の長期の1.5倍が全体の法定刑の上限となります(刑法47条)。ただし、各罪の長期の刑期の合計年数を超えることはできません(刑法47条但し書き)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.