くらし情報『増加するマンション管理を取り巻く法的トラブル|弁護士のサポートで早期解決を実現』

2018年8月29日 19:25

増加するマンション管理を取り巻く法的トラブル|弁護士のサポートで早期解決を実現

近ごろ、マンション・アパートの管理をめぐるトラブルが増加しています。

特に、もともとマンション・アパートが多い上に、次々と新たなタワーマンションが建てられ、さらに進学や就職などによる人の入れ替わりが多い東京近郊や地方都市の郊外などでトラブルが起こりやすくなっています。

20階建て以上のマンションを指す『超高層マンション』に限っていえば、2018年以降に完成予定の超高層マンションは全国で10.9万戸(内訳:首都圏8万戸、近畿圏1.4万戸、その他1.5万戸)。前回調査比で1.6万戸増とのことです。建設ラッシュに伴い、管理トラブルのさらなる増加が懸念されます。

(参考:不動産研究所)

目次

・Q1.マンション管理をめぐる問題はどの法律を調べたらいい?
・Q2.マンション管理規約の見直しをすることはできる?
・Q3.漏水した配水管の修理費は誰に請求すればいい?
・Q4.管理組合の理事って報酬もらえないの?
・Q5.理事長のワンマンぶりが目にあまる!解任できる?
・Q6.モンスター住民への対応に困っています…
・Q7.滞納されている管理費を取り立てるには?
・Q8.民事訴訟以外の取立て手段は?


増加するマンション管理を取り巻く法的トラブル|弁護士のサポートで早期解決を実現


マンション・アパートをめぐる紛争は、弁護士業務としては他の不動産を巡る紛争と分別せずに取り扱われることが多いものです。

しかし、実際はマンション管理組合内部の統制の問題や、マンション・アパートを建て替える際の諸問題など特殊性・専門性の高い分野であるため、専門知識と豊富な経験を必要とします。そのため本来は分けて取り扱われるべきでしょう。

当事務所では、マンション・アパートをめぐる法的紛争を他の不動産分野と明確に区分しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.