くらし情報『YouTuberによる犯罪・不適切動画の投稿…法的に取り締まれないの?』

2019年5月9日 10:18

YouTuberによる犯罪・不適切動画の投稿…法的に取り締まれないの?

目次

・謝罪とされる動画も炎上
・犯罪や不適切動画の投稿が増加
・慰謝料請求や取り締まりの対象になる?
・迷惑行為動画が許されるはずがない
YouTuberによる犯罪・不適切動画の投稿…法的に取り締まれないの?
あるYouTuberが、今年3月東京・渋谷のスクランブル交差点で突如布団を敷き寝るという動画を公開し、炎上状態となりました。

当初彼は注目を集めることで動画の視聴回数をアップさせ収益に繋げたいと考えているのか、炎上も「どこ吹く風」で、さらに批判を集めていました。

謝罪とされる動画も炎上

彼は21日になり、スーツを着て頭を下げるだけの動画を投稿。さらに翌日には警察に出頭する様子をアップし、「逮捕はなかった」「厳重注意だった」「知名度が上がった」「それでも尖ったことがやりたい」などと話しました。

当人はこれで決着をつけたようですが、ほかのYouTuberや、彼の動画を楽しみにしているファンなどから、怒りや呆れの声が噴出している状態です。

犯罪や不適切動画の投稿が増加

YouTuberは再生回数に応じた収益形態となっているため、犯罪や危険な行為で注目を集めようとする人物が後を絶ちません。犯罪はもってのほかですが、他人に迷惑をかけて喜ぶかのような動画も多々、目にします。

このような犯罪、または「スレスレ」の動画をアップロードし収益を得ることを法的に取り締まることはできないのか。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.