くらし情報『相次ぐ飲食店の予約ドタキャン…被害を防ぐための対策とは?』

2019年6月18日 23:38

相次ぐ飲食店の予約ドタキャン…被害を防ぐための対策とは?

目次

・料理を用意していたが…
・ドタキャン被害は相次ぐ
・罰することはできる?
・証拠が残る形での予約を
相次ぐ飲食店の予約ドタキャン…被害を防ぐための対策とは?

Interior of tent for wedding dinner, ready for guests. Served round banquet table. Golden dishes, green wine glasses and napkins. Catering concept

先日京都府の和食店店主が、グランドオープンの3日前に50代男性から「7000円のコースで10人の予約」が入ったにもかかわらず、当日になっても連絡がなく、「騙された」とTwitterでツイートしたことが話題になりました。

料理を用意していたが…

店主の男性によると、電話は非通知だったそうで、「7000円のコースを10人予約できる?」と電話があったそう。グランドオープン当日ということもあり、店主は弾んだ気持ちで魚を捌いていたそうです。

ところがオープン日当日になっても男は来店せず。聞いていた電話番号に電話をかけてみると、「現在使われておりません」とアナウンスが流れ、初めてここで自分が騙されたことに気がつきます。

どうやらグランドオープンの日を狙った嫌がらせのようで、その心境を店主はツイート。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.