くらし情報『【万が一巻き込まれたら…】半グレや反社会的勢力対応のポイント』

2019年8月27日 12:40

【万が一巻き込まれたら…】半グレや反社会的勢力対応のポイント

目次

・①警察には必ず相談をしておく
・②絶対に一人で相手方に会わない
・③絶対に相手方の支配領域に行かない
・④やり取りは全て証拠を残す
・⑤安易な約束はしない
【万が一巻き込まれたら…】半グレや反社会的勢力対応のポイント

a young caucasian man in an elegant gray suit counts euro bills sitting in the back seat of a car

弊所では今まで相手方が半グレを初めとする反社会的勢力を名乗る事案についても多く対応してまいりました。

こういった事案では、相手方の属性が特殊であるため注意すべき点がございます。

①警察には必ず相談をしておく

半グレや反社会的勢力に属する者を相手方とする事案では、必ず警察に事前の相談をしておく必要があります。

その際、警察の保有する情報と照合し、相手方の特定をはかるためにも、相手方の情報(名前、住所、電話番号、所属する組織、役職、刺青や指の欠損、傷などの外貌など)を可能な限り整理しておきましょう。

また、相手方とのやり取り(メール、会話の録音、画像、動画など)があれば、持参のうえ相談に向かうようにしてください。

相手方及びその行為の特定と裏付けが相談の重要なポイントになります。

警察に被害相談をしておけば、皆さんの電話番号を登録して110番通報の際に迅速に対応できるようにしてもらえますし、事案によっては自宅や職場近辺をパトロールしてくれたり、事件化のために捜査をしてくれたりする可能性もあります。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.