くらし情報『【元警察が解説】「容疑者が逮捕されました」の情報はどこから流れてくる?』

2020年2月4日 11:24

【元警察が解説】「容疑者が逮捕されました」の情報はどこから流れてくる?

目次


・「逮捕されました」情報は警察が流している
・記者がすっぱ抜くことも…
・報道されるかどうかは各社の判断
【元警察が解説】「容疑者が逮捕されました」の情報はどこから流れてくる?


ニュースや新聞を見ていると必ずといっていいほど登場する「容疑者が逮捕されました」の報道。

なぜテレビ局や新聞社が容疑者逮捕の情報をしっているのか、気になったことはありませんか?

もしかして、警察署のまわりには常に記者やレポーターが張り込んでいるとか…?

こんな疑問を「元刑事ライター」の鷹橋さんに聞いてみました!

この記事の監修者
鷹橋公宣(たかはし きみのり)

【元警察が解説】「容疑者が逮捕されました」の情報はどこから流れてくる?


振り込め詐欺や銀行員の巨額横領事件などの捜査を担当してきた元知能犯刑事。
警察署勤務時代は幅広い事件を担当。
現在は退職し、法律事務所などのコンテンツを中心に執筆活動を続けるWEBライターとして活動中。noteでは警察のウラ話やお役立情報を発信。
【元刑事ライターきみぽんのnote】

「逮捕されました」情報は警察が流している

【元警察が解説】「容疑者が逮捕されました」の情報はどこから流れてくる?


「容疑者が逮捕されました」という情報を流しているのは警察です。

当然といえば当然なんですが、なぜわざわざ警察が「容疑者を逮捕した」と公表する必要があるのでしょうか?

報道との「お約束」があるから
警察と報道との間には、ある「お約束」があります。

それは、事件の容疑者を逮捕した場合は必ず報道に発表するということ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.