くらし情報『凶悪化の一途をたどる「いじめ」問題 被害者が加害者や隠匿する学校を訴えることは可能?』

2020年3月2日 12:15

凶悪化の一途をたどる「いじめ」問題 被害者が加害者や隠匿する学校を訴えることは可能?

目次

・教師や学校がいじめを隠匿
・慰謝料請求は可能か
・金額の判断基準は?
・泣き寝入りせず立ち上がろう
凶悪化の一途をたどる「いじめ」問題 被害者が加害者や隠匿する学校を訴えることは可能?


長年社会問題化しているにもかかわらず、一向に減ることのないいじめ。最近は暴力に加え、ネットでの誹謗中傷や金銭の巻き上げなど凶悪化しています。

由々しき問題が減っていかない要因の1つに、学校側の不誠実な対応があります。「表沙汰にしたくない」「学校の評価を下げたくない」などの理由で、「なかったことにする」ことも、少なくありません。

教師や学校がいじめを隠匿

とくに2011年に発生した大津いじめ事件では、一部報道で被害者の男子生徒が加害者3人から執拗ないじめを受けている様子を見ているにもかかわらず、「やりすぎるなよ」と発言し、黙認していたと報じられています。

また、学校側も生徒から寄せられたいじめの報告を取り合わなかったほか、教育委員会までもが被害生徒の自殺といじめの因果関係を記者会見で明確に否定し、世間から猛批判を受けました。

結局高まる批判に態度を一変させることになりますが、現在でも学校教師や教育委員会は、このような「隠匿体質」にあるようです。

慰謝料請求は可能か

仮に子供がいじめを受け不登校になり、学校が黙認するなど対応を怠った場合、親としては加害者とともに、学校側など関係者に慰謝料を請求したいもの。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.