くらし情報『【お助けアイテム】「製氷皿」が子育てにピッタリなワケ』

【お助けアイテム】「製氷皿」が子育てにピッタリなワケ

2018年3月5日 08:00
 

関連リンク

・【GU】【ユニクロ】で大人気のワッフルT♡それぞれのポイントやおしゃれな着こなしとは?
・100均からリメイクまで!お部屋のアクセントになってくれるティッシュカバーを紹介☆
・【徹底比較】暑い夏がやって来る前に!100均の扇子を比べてみた♪
【お助けアイテム】「製氷皿」が子育てにピッタリなワケ

冷蔵庫を買うと、ひとつは付いてくる製氷皿。100円ショップなどでも購入でき、大きさや形も様々で用途や自分の好みに合ったものを使うことができます。

そんな製氷皿は、当然氷を作るために使うアイテムなのですが、ほかにもたくさん使い道があるということ、ご存知ですか?

子どものお絵かき道具としても使える

子どもが絵を描くとき、色えんぴつやクレヨン、絵具など色んな道具がありますよね。種類はたくさんあっても、使う道具によって絵の雰囲気が変わってきます。ほとんどの家庭では後片付けのことを考えて、色えんぴつやクレヨンでお絵かきしていると思いますが、ときには「絵具がいい」と言われることも。

そんなときは、製氷皿をパレットにするのがおすすめ。子どもにとっては、通常のパレットよりも色が分けやすく、一度にたくさんの色を出せるからお絵かきもしやすくなります。

また製氷皿は深さがあるので、こぼしにくいというのもメリットのひとつと言えそうです。

製氷皿を子ども用の皿にする

多くのご家庭では、特に小さい子どもの食事はワンプレートにしていると思います。一応、段差はあって食べ物が混ざりにくくはなっていますが、気づいたらぐちゃぐちゃになっていた…なんてこともしばしば。しかも、子どもって不思議なこだわりがあるから、ぐちゃぐちゃになると食べなくなることもありますよね。

製氷皿の深さを活かして、食べ物同士が混ざりにくくすることができるのです。もちろん、スペース全部に入れてあげたい気持ちもあるのですが、毎回そんなに種類を多くすることは難しいもの。1つおきに入れるなど工夫すれば、より食べ物が混ざりにくくなりますよ。さすがに通常のシンプルな製氷皿だと変な感じもするので、ピンクやブルーなどの色付きにしたり、星やハートなど形を変えてみたりすれば、子どもの食欲も増すかも?

子どものおやつに「ミニシャーベット」はいかが?

子どものおやつの量を調整するのって、なかなか難しいですよね。あればあるだけ食べたいと思うのは当然だけど、全部食べさせるのは気が引けるし、おそらく食べ切れないはず。

量の調整に困るものといえば、「アイスクリーム」もそう。小さいカップのアイスでも、子どもには多すぎるのではないかと感じてしまいます。そんなときは、簡単手作りシャーベットがおすすめ。作り方は簡単で、リンゴやオレンジなどのフルーツジュースと、バナナやイチゴなどのフルーツと一緒に、製氷皿に入れて凍らせるだけ。

また、この方法はチョコレートにも応用可能で、湯煎で溶かしたチョコレートを製氷皿の3分の2くらいまで注ぎ入れ、お好みのフルーツをそのまま乗せて、冷蔵庫で冷やすだけで、一口サイズのフルーツチョコレートの完成です。

つまようじやお弁当用のピックを刺しておけば、食べるときも楽チンですよ♪

また、すでに多くのママは実践しているかもしれませんが、離乳食を小分けにするときにも製氷皿が大活躍。大きさが子どもにちょうどいいサイズだから、子育てにおいて使いやすいアイテムなんですよね。冒頭でも触れましたが、100円ショップでも購入可能なので、さっそく子育てに取り入れてみてはいかが?
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.