くらし情報『お家をチェック!コンセント火災になりやすい3つの身近な原因』

お家をチェック!コンセント火災になりやすい3つの身近な原因

2018年3月25日 17:58
 

関連リンク

・年末年始、季節に合わせて。ビジネスで使えるメールの挨拶集
・インリン、息子に遊ばせていた携帯が急に故障「もう二度と貸してあげない」と誓う
・欅坂46菅井友香&土生瑞穂「ファンの方ともっと近くに」ライブへの思い語る

東京消防庁の統計によると、電気製品による火災の一位は電気ストーブ、ではその次はなんだと思いますか?

実は「差し込みプラグ」、「コンセント」「コード」と非常に身近なモノが続きます。是非一度皆さんの家庭の危ないポイントをチェックしてください。

原因1「コンセントやプラグからの出火」

冷蔵庫やテレビ、洗濯機などは一度コンセントに差し込むと、そのままにしておきますよね。時間が経つと、コンセントとプラグの間にホコリなどがたまり、これに湿気が加わり僅かなスパークを繰り返し、やがて火災の原因になるケースです。

【チェックポイント】
・使わない時はコンセントから抜く
・長期間使う製品の場合は、定期的にプラグを抜き乾いた布でホコリを
拭き取る
・家具の裏などほこりの溜まりやすい場所、台所や浴室など湿度が高い場所は特に注意

原因2「コード」

電気製品のコードも注意が必要です。テレビ台のキャスターの下敷きになっていたコードがショートして火災が発生したケース、コタツの足でコードが踏まれ傷んだなど、どこの家庭でもありそうな状況ですよね?

【チェックポイント】
・家具など重いものの下にコードを置かない
・コードを釘などで固定しない
・コードを束ねたり、ねじれた状態にしておかない
・コンロのそばにコードを配線しない

原因3「たこ足配線」

パソコンや携帯電話の充電など、コンセントを使う製品が増え、テーブルタップを使う機会が増えてますよね?このテーブルタップには容量があり、それを越えて使うと、熱を持ち火事の原因になることがあります。

【チェックポイント】
・テーブルタップに書かれている許容量を確認
・テーブルタップに繋いでいる電気製品の使用電流を確認する

例えば許容量1500Wのテーブルタップで
電子レンジ(1300W)とオーブントースター(700W)を
を同時に使えば、簡単に許容量を超えてしまいます

3つのポイントですが、ドキッとしたり、気になって直ぐチェックしたい気持ちになりますよね。我が家ではコンセントとプラグのホコリが気になりました。どれも簡単な日頃の確認で防ぐことができます。是非一度確認してください!
(文・嵯峨根きよみ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.