くらし情報『東京オリンピックに向けてという新手の詐欺が横行中!その手口とは』

東京オリンピックに向けてという新手の詐欺が横行中!その手口とは

2018年3月30日 19:00
 

関連リンク

・今週のアクセスランキングBEST5【気になるTopics / 4月14日-20日】
・水野晴郎さん愛弟子・西田和昭氏の「映画詐欺」真相を直撃した結果
・TBS笹川友里アナ、太田雄貴と挙式 白無垢姿を披露

東京オリンピックまで、あと2年。いよいよ間近となり、様々な準備が進むなかリアリティが増してきたからか、東京オリンピックにまつわる詐欺手段が横行しているそうです。

東京オリンピック詐欺の手口とは

その詐欺の手法とは、銀行のカードを回収するという手口。銀行の職員を装い、東京オリンピックに向けて銀行のカードを新しいものに交換するという連絡を行い、おもに高齢者を中心に被害が出始めていると、警視庁防犯抑止対策本部も注意を喚起しています。

銀行の職員が銀行のキャッシュカードを回収するために個人宅をまわるということは、ほとんどあり得ないでしょう。キャッシュカードの交換を言い訳にして、暗証番号なども聴き取ってくる可能性もありうるため注意が必要です。

その他こんな詐欺も横行中!

銀行名に限らず、デパート名を名乗っての詐欺事件も横行しているようです。函館市では、デパート名を名乗った人物が「クレジットカードが不正に利用されている」と電話をかけてきた後、今度は金融機関を名乗り、暗証番号をヒヤリング、通帳やキャッシュカードをだまし取ろうという手口が発生しています。

デパートから銀行と、2段階にわけて電話することによって、あたかも本当のように信じ込ませるというから高齢者でなくても気を付けなければなりません。

同様の手口は全国的にも広がりを見せているようで、大阪府警察防犯情報の公式Twitterアカウントも注意を呼び掛けています。大阪の場合は、デパート職員を名乗り、次に警察を名乗り、最後に銀行協会を名乗るという3段階。

特殊詐欺対策のコンテンツも充実中

ちなみにこういった手口に騙されないように、警視庁犯罪抑止対策本部では「」というe-ラーニングプログラムを実施中。これまでは企業や団体などのグループのみ対象だったものが、コンテンツ一新により誰でも参加できるようになったというから、不安を感じたら一度試してみましょう!
(文・団子坂ゆみ/考務店)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.