くらし情報『【専門家アドバイス】本当に正しいダニ対策は?』

2018年6月1日 11:58

【専門家アドバイス】本当に正しいダニ対策は?

【専門家アドバイス】本当に正しいダニ対策は?

6~7月は、一年中で最もダニが増える時期だといわれている。アレルギーや小児ぜんそくなど子どもへの影響も気になるため、できれば早めに対策しておきたいが、どうすればダニを根本的に撃退できるのか。正しいダニ対策について、アース製薬の虫ケア用品ブランドマネージャー、渡辺優一さんに聞いた。

徹底的にダニ対策したいならポイントは“減らして予防”

ジメジメとして不快な梅雨時期だが、ダニにとっては居心地のいい環境なのだと渡辺さんはいう。

「ダニは温度が20度~30度、湿度が60%以上になると繁殖しやすくなり、この条件にぴったり合うのが梅雨時期です。その分、熱と乾燥には弱く、50度の環境では30分で死滅するといわれています」(渡辺さん以下同)

ダニが増えにくくなる条件を知っておくと対策もしやすくなる。具体的には、どのように対策するのがいいのだろうか。

「ダニの死骸やフン、餌となる人のフケや垢を減らすためには、こまめに掃除機をかけるといいですよ。ほかにも、天気のいい日に窓を開けて風を通すなど、ダニが増えにくい環境はちょっとしたことで作れます」

これなら、日頃の掃除の範囲内でできる。効果が少ないといわれる布団の天日干しも、ダニが好む湿気を取るという意味では増殖の予防効果が期待できるのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.