くらし情報『持っている家庭は約半数 圧力鍋の正しい使い方をチェック』

2018年6月7日 12:00

持っている家庭は約半数 圧力鍋の正しい使い方をチェック

持っている家庭は約半数 圧力鍋の正しい使い方をチェック

圧力鍋という存在は知っている。しかし、実は使ったことがないという人は意外と少なくなさそうで、圧力なべ
協議会(JPCC)が発表した報道資料によると、既婚女性300名のうち、圧力鍋の所有者は52%とのこと。

圧力鍋のおすすめアイテムをチェックしてみる

圧力鍋は正しく利用しないと事故につながることもあるから、注意が必要です。日本では2010年に安全基準が更新され、それ以降に販売される商品には厳しい基準が課せられています。

それゆえに、安全性は向上しているものの、正しい使い方と事故を防ぐポイントを再確認しましょう。

圧力鍋の正しい基本の使い方をおさらい

1)使う前に鍋を点検する
…ポイントは、安全バルブやロックピン、おもり、パッキンなど。安全バルブに物が詰まっていないか。ロックピンが正しく稼働するかをチェックしましょう。おもりは一度取り外し、おもりやフタの裏側についているパッキンの傷みも入念に。

2)規定量に合わせて素材を入れる
…圧力鍋は満タンに入れてはいけません。調理できる量は素材によっても異なっていますが、大体鍋の3分の2程度が上限。豆類などは3分の1程度にしないと、煮崩れて取れた豆の皮が安全バルブなどに詰まり、圧力調整が効かなくなるため注意が必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.