くらし情報『重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる』

2018年12月20日 20:30

重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる

セスキ炭酸ソーダが苦手なこと
  • ひどい泥汚れ
  • 機械油や口紅
  • 衣類のシミ
  • 鍋のひどいコゲ
  • 白くこびりついた水アカ
  • トイレの黄ばみ
あまりにもひどい汚れの場合は、界面活性剤を含む洗浄剤の方がキレイに落とせます。コゲのような固い汚れには研磨作用のある重曹、水アカやトイレのアルカリ汚れにはクエン酸がおすすめ。また、衣類のシミは漂白剤が1番です。適切な洗浄剤を利用して、効率的に汚れを落としたいですね。

セスキ炭酸ソーダが使えないもの
鍋の汚れを落とすのに便利なセスキ炭酸ソーダですが、アルミや銅素材のものは、セスキ炭酸ソーダを使うと黒ずんでしまうため使用を控えます。また、毛や絹・革製品は、たんぱく質が分解されてしまうため使わないようにしましょう。

セスキ炭酸ソーダの使い方

セスキ炭酸ソーダの使い方は、大きく分けて「スプレーにして使う」「溶かした水に浸けて使う」の2パターンです。

なお、鍋をきれいにしたい場合は、粉末のままふりかけて使ってもOK。スクレーパーやキッチンペーパーで拭き取ったあと洗えば、簡単にスッキリきれいになりますよ。ただし、さきほどご紹介したとおり、アルミ・銅鍋には使用できません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.