くらし情報『重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる』

2018年12月20日 20:30

重曹に変わる万能洗剤セスキとは? セスキ炭酸ソーダで汚れが落ちすぎる

この液をスプレー容器に入れても使いやすいでしょう。
セスキ炭酸ソーダの使い方:住まいの掃除 – 石鹸百科より引用

照明のスイッチやドアノブといった手垢がつきやすい場所、床の足アカの拭き掃除、浴槽や浴室の掃除に向いています。こまめに掃除をすることで、黒カビの発生を防げますよ。ナチュラルクリーニングなので、小さなお子さまがいる家庭でも安心して掃除できます。

水で洗い流せない場所を拭く際は、仕上げに新しい雑巾で水拭きして仕上げてくださいね。

<浸けおき洗いの場合>
水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ2~大さじ1(約20g)

あまり入れすぎると洗い上がりがベタ付いたり、臭いが出たりすることがあります。アルカリ剤を溶かした水を触ってみて、ほんの少し指先が滑るようなヌルッとする感触があれば充分です。
セスキ炭酸ソーダでの洗濯 – 石鹸百科より引用

洗濯に用いる場合は、あらかじめ石鹸で大きな汚れを手洗いしておき、3時間~1日浸けたのちに洗濯機で洗います。すすぎは1回でOKです。クエン酸をすすぎ時に少量入れると、中和されますよ。

なお、「水で色落ちするもの」「ポリエステル、ナイロンなどの化繊、化繊混紡のもの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.