くらし情報『【オフィスでセルフ整体ストレッチ】腰痛・肩こりによる生産性の低下を防ぐ健康経営支援サービスの提供を開始』

2022年7月5日 12:30

【オフィスでセルフ整体ストレッチ】腰痛・肩こりによる生産性の低下を防ぐ健康経営支援サービスの提供を開始

木製ストレッチ器具で肩こり・腰痛による生産性の低下を防ぐ1日5分の新習慣

【オフィスでセルフ整体ストレッチ】腰痛・肩こりによる生産性の低下を防ぐ健康経営支援サービスの提供を開始

医療先進国ドイツでは予防医療としてストレッチの重要性が認識されている

株式会社文教センター(本社:東京都品川区、代表取締役:竹本 勝憲)が提供する家具職人が作った木製ストレッチ器具「five」を活用した健康経営支援サービスの提供を2022年7月1日より開始した。

これからのオフィスは「働く」+「健康になる為」に出社する場所に

運動量の低下や、デスクワークに適していない在宅勤務環境によって、腰痛や肩こりの悪化、体重の増加など様々な問題が「健康二次被害」として認識されている。

この健康二次被害に対しての問題は軽視されている傾向にあり、多くの場合従業員個人の自己管理領域として認識されている。
また、在宅勤務の推奨や継続を選択する企業も増えており、今後オフィスの空きスペースの活用が各企業で共通の課題になると想定される事を受け、文教センターはオフィス活用の新たなコンセプトを提案する。

各社が健康経営の推進によって様々な健康増進施策を導入する中、新時代のオフィスの提案として「セルフ整体ストレッチ」をオフィスで簡単に実現する木製ストレッチ器具「five」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.