くらし情報『2021年のご褒美旅、2022年の温泉初めに訪ねたい、ご当地の味、この時期ならではの観光が楽しめる大江戸温泉物語の4つの宿。』

2021年12月8日 14:10

2021年のご褒美旅、2022年の温泉初めに訪ねたい、ご当地の味、この時期ならではの観光が楽しめる大江戸温泉物語の4つの宿。

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下 大江戸温泉物語)が運営する4つの宿で、ご当地食材を楽しむ【冬のまんぞくバイキング】がスタートします。

2021年のご褒美旅、2022年の温泉初めに訪ねたい、ご当地の味、この時期ならではの観光が楽しめる大江戸温泉物語の4つの宿。


北は東北、南は九州まで、全国35か所で温泉宿を展開する大江戸温泉物語。
どの宿でも豊富なメニューのバイキングをお楽しみいただけますが、宿ごとに工夫を凝らしたメニューが楽しめるのも魅力のひとつ。訪れる時期や宿を変えることで、いつでも新しい美味しさに出会うことができます。

本リリースでは、宿がある県やエリアの食材を活かしたメニューの提供に力を入れる4つの宿をご紹介します。
旅の楽しみの一つは何と言っても、その土地ならではの美味しさを味わうこと。旅の想い出になる味と、その土地、この時期ならではの周辺観光をご紹介する本リリースで、冬の温泉旅の計画を立てませんか?

1. 【新潟県 瀬波温泉 汐美荘】
瀬波の夕日を眺める温泉と新潟の食材とご当地メニューのバイキングを楽しむ宿

[ https://shiomiso.ooedoonsen.jp/]{ https://shiomiso.ooedoonsen.jp/}

新潟の食材を使った逸品と、ご当地メニューの美味しさに定評のある宿、汐美荘。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.