くらし情報『【界 霧島】霧島茶を新茶と8種類の茶葉で味わう「霧島茶滞在」開催|期間:2022年4月20日~6月20日』

2022年3月14日 10:00

【界 霧島】霧島茶を新茶と8種類の茶葉で味わう「霧島茶滞在」開催|期間:2022年4月20日~6月20日

桜島を見渡す壮大な自然に包まれた温泉旅館「界 霧島」は、2022年4月20日から6月30日までの間、霧島茶を新茶と8種類の茶葉で味わう宿泊プラン「霧島茶滞在」を開催します。「霧島茶」とは、界 霧島がある霧島連山山麓の霧深く冷涼な自然環境の中で生産されるお茶のこと。本プランでは、「霧島茶8種×焼酎の組み合わせ」と「絶景の茶畑で新茶摘みと釜炒り茶作り」、「霧島茶が香る客室露天風呂で湯浴み」を体験します。霧島茶が持つ奥深い味わいや香りを、同じく霧島で醸造される焼酎と合わせて楽しみ、霧島茶の香りが漂う客室露天風呂でリラックス。翌日は、新芽が芽吹く山麓の茶畑で新茶を摘み、摘みたての茶葉で釜炒り茶を作ります。五感を刺激する体験で、霧島茶の魅力を満喫するプランです。

目次

・背景
・特徴1霧島茶8種×焼酎の組み合わせ
・特徴2霧島連山に囲まれた絶景の茶畑で新茶摘みと釜炒り茶体験
・特徴3霧島茶の香りとともに、客室露天風呂の絶景を楽しむ
・滞在スケジュール例
・「霧島茶滞在」概要
・「界」とは


【界 霧島】霧島茶を新茶と8種類の茶葉で味わう「霧島茶滞在」開催|期間:2022年4月20日~6月20日


背景

界 霧島が位置する鹿児島県は、全国でも有数のお茶の産地であり、2020年3月に農林水産省が発表した統計では、茶葉の産出額が静岡県を超えて日本一になりました。鹿児島県の日本茶は、毎年行われる日本茶の品評会でも高い評価を得ています。なかでも霧島茶は、九州南部の温暖な地域でありながら、山麓の昼夜の寒暖差があり、朝霧の立つ霧島独自の自然環境の中で育ちます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.