くらし情報『海外向けうつ病治療VR英語版を北米ボストンの専門家らと開発!世界最大のテックイベント「CES 2022」で初公開』

2021年11月26日 11:10

海外向けうつ病治療VR英語版を北米ボストンの専門家らと開発!世界最大のテックイベント「CES 2022」で初公開

医療VRやデジタル治療VRを開発・提供する株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下ジョリーグッド)は、認知行動療法をベースとしたVRによるうつ病向けのデジタル治療(デジタルセラピューティックス:以下VRDTx)に、米国マサチューセッツ州ボストン在住の行動医学の専門家であるKatharine “Kim” Larsson(以下、キム博士)とAmaro J. Laria (以下、アマロ博士)を監修にむかえ、海外向け英語版うつ病治療VRを開発しました。両博士には、ジョリーグッドが開発するVRDTxをご体験いただいた上で、そのクオリティとうつ病の治療を促進する革新的な技術と価値にご賛同頂き、正式参画いただくことになりました。
また本コンテンツの体験版を、2022年1月5日(水)から8日(土)北米ラスベガスにてリアル開催される世界最大級のテクノロジーイベント「CES」にて初公開、体験展示をいたします。

海外向けうつ病治療VR英語版を北米ボストンの専門家らと開発!世界最大のテックイベント「CES 2022」で初公開

※左からBoston Behavioral Medicineのキム博士、アマロ博士、ジョリーグッド代表取締役 上路健介

■世界最大テックイベント「CES」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.