くらし情報『【行政書士監修】大手不動産会社の選び方のポイント・注意点も解説する記事を公開』

2023年6月9日 17:00

【行政書士監修】大手不動産会社の選び方のポイント・注意点も解説する記事を公開

・不動産の情報
・査定価格
・周辺環境
・流通性比率

自分が所有している不動産の価値がどの程度で、なぜそのような価値として評価されているのかを知れば売り出し価格の設定で迷わなくなります。

例えば、不動産のある周辺で都市開発が進めば価値が将来高くなる可能性があります。査定額が想定よりも高い場合は、こうした背景があることが多いです。

流通性比率とは、査定した不動産がどの程度売りやすいかを示す数字です。100%を基準としてそれ以上であれば売りやすい不動産、それ以下であれば売るのが難しい不動産であると判断されていることになります。

見積書を確認してわからない点は、不動産会社の担当者に遠慮なく確認しましょう。丁寧な対応をしてくれる不動産会社であれば信頼度もアップするでしょう。

監修者からのコメント

不動産売却の見積書を見る時は、類似物件の情報を確認しましょう。
また、マンションであれば、同マンションのほかの部屋がいくらで募集に出ているのか、いくらでの成約事例があるのかを見れば、自分のマンションがいくらで売れるのか大体わかります。 戸建ての場合は、周辺物件の情報などを参考にしましょう。

1社だけで決めてしまわない

不動産会社を選ぶ際には、複数の会社に査定を依頼して金額を比較することが大切です。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.