くらし情報『7月12日(金)から、Eゾーンの一部店舗を順次開業【相鉄アーバンクリエイツ・相鉄ビルマネジメント】』

7月12日(金)から、Eゾーンの一部店舗を順次開業【相鉄アーバンクリエイツ・相鉄ビルマネジメント】

星川駅~天王町駅間 高架下の施設「星天qlayホシテンクレイ」
天王町駅の東口改札側に2店舗を先行オープン

相鉄グループの㈱相鉄アーバンクリエイツ(本社・横浜市西区、社長・左藤 誠)と㈱相鉄ビルマネジメント(同)は、相鉄本線 星川駅~天王町駅間の高架下空間に新施設「星天qlay(ホシテンクレイ)」Eゾーン(天王町駅東口改札側およびYBP口改札側)を、2024年7月12日(金)から順次開業します。
星天qlayは、星川駅~天王町駅間の約1.4㎞に及ぶ高架下空間を活用した施設で、“「変化を楽しむ人」がつながる生きかたを、遊ぶまち”をコンセプトに、ショップ・レストラン・住居・コワーキング、学習・交流・創造ができる拠点など、多彩な空間を演出します。これまでA~Dの4つのゾーンが開業しており、天王町を中心に東西に広がるEゾーンは、最後のゾーンとなります。このEゾーンには、「カルチャー、混沌との出会い」をコンセプトに、異なる価値観同士がぶつかり合い、有機的な交流を生み出す拠点として、ビジネスパーソンや地域の皆さまが集まり、混沌で異質な交流ができる個性豊かな飲食店や、高品質な賃貸住宅ができる予定です。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.